ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

ヘルパンギーナと手足口病の違いについて

手足口病 ヘルパンギーナ 違い

ヘルパンギーナと手足口病の違い

子どもが罹りやすいヘルパンギーナと手足口病は、ともに主に流行するのが夏ですし、また、水泡や熱といったその症状もよく似ているため、なかなか区別しにくい病気です。

ヘルパンギーナと手足口病の罹り始めの初期の症状は、どちらも口の中の喉あたりにに水泡(口内炎にも見える)ができるという点では同じです。

ですが、手足口病の場合には、その後、手や足などにも発疹があらわれ、それが全身に広がることがあります。

一方で、ヘルパンギーナには、発疹などが手や足にできる、全身に広がるなどの症状はありません。

症状に関しての詳細はコチラ >>> ヘルパンギーナの症状とは?

 

ヘルパンギーナの発熱

ヘルパンギーナと手足口病の両方とも熱が出ますが、手足口病の方は、出たとしても37℃から38度くらいの熱で、中には発熱しない場合もあります。

ですが、ヘルパンギーナは、39℃から40℃くらいの高熱が突然出ることが多いです。

 

>>> ヘルパンギーナと手足口病に子供が感染(体験) 症状やつらさの違い

 

ヘルパンギーナの感染経路

双方の違いはこのようにありますが、感染や防止のためのケア、罹ってから気を付けることなどは両者に大きな違いはありませんので、同じように気を付けることが大切です。

ヘルパンギーナも手足口病も、口の中の水泡やのどの痛みのせいで、子どもが食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりするのを嫌がることがあります。

ですので、脱水症状に十分気を付ける必要があるため、出来るだけのどごしのよいものを少しずつ与えるようにします。

感染に関しては、飛沫や接触などによる感染が多く、感染力も強いです。

便からの感染にも注意が必要で、症状が治まった後でも、数週間ウイルスが排出される可能性がありますので、便の取り扱いには十分注意しましょう。

使い捨ての手袋などを利用し、素手では避けるようにします。

こまめな手洗いを心がけ、マスクなどで咳やくしゃみからの飛まつ感染を防ぎます。

できるだけタオルなども共用しないようにします。

完全な治療薬はありませんので対処療法が中心となります。

静かに休ませ、口当たりの良いものをあたえて、ゆっくり眠らせてあげることが大切になります。

運が悪いと気をつけていても家族がかかってしまうと感染してしまうんですけどね。。。

詳細はコチラ >>> ヘルパンギーナの感染経路と感染予防法

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索