ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

プール熱とヘルパンギーナ、手足口病 夏風邪の体験

ヘルパンギーナ プール熱

ウィルス性の病気って冬にはやるものだと思っていたのですが、夏の暑いこの時期もヘルパンギーナ、手足口病を始め、加えてプール熱が流行しています。

ヘルパンギーナや手足口病は、くしゃみなど飛まつ感染、食べ物を一緒に食べたり、コップや食器の共用で唾液からうつる可能性があります。

そのほかに夏はプール熱も罹患しやすいので、注意が必要です。

先日、学校のプールの強化練習を終えて、帰宅した息子が「喉が痛い」と言うので、熱を測ったらなんと40度の高熱。

喉の痛みと高熱なので、久しぶりにヘルパンギーナかなっと思って病院へ連れて行ったら、なんとプール熱でした。

確かに目の白目が少し赤かったような・・・

でも、プールを終えた後の子供って大体疲れで目が赤いような気もするのでまさかプール熱になっているなんて・・・

熱が高かったため解熱剤を処方されたのですが、なかなか39度から熱が下がらない・・・

この日の気温は35度の真夏日の日でしたから、ほかの家族は汗だくだったにも関わらず、息子だけは「寒い寒い」と部屋のクーラーを消したり、毛布をかぶっていました。

のどの痛みを訴えていたものの、食事はなんとかウィダーインゼリーを飲んでいましたが、他のご飯はまったく食べられなかったです。

その後も高熱は4~5日続き、かなり体力を消耗した様子でしたが、熱が下がるとだいぶご飯を食べられるようになって、2~3日で元の元気な姿に戻ることができました。

 

ここで3つの夏風邪の大きな違いは、ヘルパンギーナも手足口病も同じウィルス性の病気ですが、出席停止にはなりません。

でも、プール熱は第二種伝染病に指定されているので、解熱後2日で学校へ行くことができます。熱の症状が収まっても2日間は登園・登校してはいけないのです。

うつらないようにするためには、まずゴーグルを使用すること、プールから出た後はしっかり目を洗うこと、抗菌の目薬を差すことが重要になります。

ウィルス性の病気は、飛まつ感染が一番多いそうですが、目の粘膜にウィルスがつくと、簡単に病気になってしまうそうなので、プール熱は夏、小学生の罹患が多い病気とされています。

大会前は親もピリピリしているので、復活したあとのプール練習は彼自身もキツカッタそうです。

小学校のプールでは、ゴーグル、目薬は必須ですね。

夏風邪3連発でとても貴重?な体験をしました。。。

>>> ヘルパンギーナと手足口病に子供が感染(体験) 症状やつらさの違い

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索