ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

大人がヘルパンギーナにかかる場合とその対策

ヘルパンギーナ 大人 症状

ヘルパンギーナという病気は、主に乳幼児・子供が感染する夏風邪の一種ですが、まれに大人もかかることがあります。

多いのはやはり幼稚園や学校に通う子供でしょうか。

とはいえ、ヘルパンギーナはウイルスによる感染症ですから、感染源がなければかかることはありません。常に原因はウィルスです。

そのウィルスにより、家庭の中で子供がヘルパンギーナを発病してしまい、その看病をしていて親にもうつってしまうことが多くあります。

ヘルパンギーナは、感染して潜伏期間が2日から5日ほどあり、そのあと急に高熱が出ます。

それとともに、口やのどに口内炎のようなぶつぶつが出来て、それが非常に痛くてしみるために、水はおろか自分の唾液すら飲み込むことが困難になる病気です。

子供がこの病気に感染した場合には、39℃以上の高熱は2日から3日で治まり、口内炎のようなぶつぶつも一週間もすれば完治します。

 

大人がヘルパンギーナに感染した場合は症状が重い

大人がヘルパンギーナかかった場合には、子供がかかった場合に比べて重い症状が続く傾向にあるため、注意が必要です。

発熱に関しては、子供の場合と同じく39℃以上の高熱が出ますが、その期間が子供と比べて長く続くことが多いのです。

また、口内炎のようなぶつぶつが口や喉(のど)にできるのも子供の場合と同じですが、大人の場合ですと、その痛さが子供の場合の比ではないほど痛むという人も多いです。喉にできると特に食事も大変になってしまいますね。

体験談です >>> ヘルパンギーナがうつる 大人(父)に感染するも母は強し

 

大人がヘルパンギーナに感染する原因

大人がヘルパンギーナにかかってしまう場合の殆どは、ストレスや疲労が原因で免疫力が落ちてしまっている場合です。

そのため、家庭の中で、子供が感染してきた場合には、看病してあげる必要はありますが、無理はせずに、自分自身の体調を整えて看病する必要があります。

また、ヘルパンギーナのウイルスは、せきやくしゃみの飛沫の中にもいますので、子供が感染した場合には、マスクをさせるなどの対策をとれば、両親(特に接する時間が長くなるであろう母親ですね)が感染する可能性を下げることが出来ます。

直接的な原因はウィルスなので、過去に同じウィルスでヘルパンギーナに感染していれば免疫ができるので、同じウィルスが原因で発症することはないと思います。

回復期にはウイルスは便の中に潜んでいますので、特に赤ちゃんが感染した場合には、おむつ替えの際などに手袋をするなどの対策が必要です。

ヘルパンギーナのウイルスには潜伏期間が2日から5日ほどあるので、もしも大人にうつってしまったとしても、体調管理をしっかりとしてれば、発症を防ぐこともできます。

潜伏期間、人に移してしまう可能性がある感染期間についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

⇛⇛⇛ ヘルパンギーナの潜伏期間と感染期間はどれくらい?

 

大人のヘルパンギーナまとめ

まとめますと、

  • 子供に比べて症状(熱、口内炎)が重いケースが傾向としてある
  • 披露やストレスで免疫料が落ちてる際に子供から移りやすい
  • 子供の飛沫、便から移る可能性が高い

 

ママ友の世界にまで話が発展したヘルパンギーナ体験談もよろしければ、、、これぞ大人の、、、

>>> ヘルパンギーナ時のママ友ネットワーク・幼稚園/保育園への連絡

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索