ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

ヘルパンギーナ時のママ友ネットワーク・幼稚園/保育園への連絡

ヘルパンギーナ ママ友 いじめ ハミゴ

子供がヘルパンギーナにかかったときのママ友との付き合い方に関する体験談です。

 

ヘルパンギーナにかかった時、保育園もしくは幼稚園に通っている場合は必ず担任の先生に報告する必要があります。

やっぱり夏風邪っていっても、ただの風邪じゃありませんから。

2~3日の高熱を伴うウイルス性の病気なので、保育園側も除菌や排泄の処理の対処が必要になってきます。

まぁ、私が黙っていたとしても、小児科の先生が電話で通達するみたいですけどね。

おたふく風邪やはしかのように治癒証明は要りませんが、やっぱり怖い病気ですし、あっという間に大感染しますから、連絡はしておいた方がいいですよ。

他の園児さんへの配慮にもなりますから・・・

 

ヘルパンギーナ ママ友ネットワーク?

実は、私、最初、長男がヘルパンギーナにかかった時は、ただの夏風邪かな~明日の朝、小児科へ行けばイイや!くらいに思ってたんですよね。

でも夜が深まるにつれて、様子がおかしい、熱が高すぎる!衰弱していってるって段々青ざめてきて。

結局、救急外来へ駆け込みました。

私の住む街は、夜間救急もトリアージ料金を取られないから本当に助かりました。スッゴイ待たされたのですけど。

真夏だったのですが、ブルブル震えていたから、バスタオルでグルグル巻きにして、ポカリスエットをストローさして飲ませてました。

その時の治療は、点滴をしただけで、先生も様子見ましょうって帰されたんですけどね。

恐ろしかったのは、保育園のママ友ネットワーク。

誰にもまだ長男がヘルパンギーナにかかったことは知らせてなかったのですが、なぜか一番仲良しのママ友から「○○君(長男)、ヘルパンギーナだったんだってぇ?」って念押し確認メールが早朝から送られてきました。

凄く恐怖?を感じました。脅されているようで。

やっぱり、仲良しだっただけにショックでしたが、自分が逆の立場だったら、やっぱり聞いちゃいますよね。

ウイルス性だからどういう経路でうつったかわかんないけど、身近にいたらやっぱりアンタの子供のせいだ!ってなってしまいますから。

小さい子供が保育園や幼稚園に行っている限りは、お互い様だと思うんですけど、面倒を避ける意味でも、ヘルパンギーナに罹患した場合は保育園への通達、ママ友への連絡は必須だと思います。

先手を打って連絡しておけば、あぁこの人気を使ってくれてる優しい人なんだな、という印象が先に来ますからね。

ママ友って子供が連れてきた友達(最初、親同士で友達だったわけでは必ずしもない)だから結局のところ、上辺の付き合いを大事にしておかないと、些細な事で親子ハミゴってこともあり得ますから。

恐ろしい世界ですよね。

ヘルパンギーナだけじゃなく、手足口病、嘔吐下痢(を伴う急性胃腸炎など)やインフルエンザも同じです。

必ず保育園・ママ友には連絡をしていた方がいいですよ。

 

しかしこんな話も・・・>>> ヘルパンギーナ登園判断の難しさ 医師OKでも子供にうつる⇨ママ友激怒・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索