ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

ヘルパンギーナの潜伏期間と感染期間はどれくらい?

ヘルパンギーナ 潜伏期間 感染期間

夏場になると毎年流行している夏風邪の一種がヘルパンギーナです。

インフルエンザのように突然38度から40度ほどの高熱が出るのが特徴で、のどに小さな水泡や水泡が破れてただれた跡などがあります。

このヘルパンギーナという病気は、エンテロウィルスというウィルスに感染することにより発症します。このエンテロウィルスにはコクサッキーウィルスも含みます。

 

ヘルパンギーナの症状が表れるまでの潜伏期間

ヘルパンギーナの原因となるウィルスに感染してから発熱やのどの痛みなどのヘルパンギーナの症状が表れるまでの潜伏期間は、通常2日から4日程度といわれています。

個人差があるので場合によっては一週間程度の潜伏期間がある場合もあります。

そのため感染した本人や家族も気づかない間にウィルスが体の中で増殖し、症状が表れた時には既に周りにいる人間にうつしている可能性があります。

 

ヘルパンギーナの症状が出る感染期間

ヘルパンギーナの症状は、発症後、数日間がピークになり高熱やのどの痛み、全身の筋肉痛などの不快な症状がピークになります。

2日から4日ほどでこの症状は治まり回復期へと移行します。

ただし、症状が回復した後も感染期間が2~3週間程度続くので注意が必要です。

 

便からエンテロウィルスが検出されるケースがあるため、症状がよくなったからといって油断せず、子供のおむつ交換やトイレでの補助を行う際は、手に便が付着しないように気をつけましょう。

そしてもし手に便が付着して汚れたときは、いつも以上に丁寧に手を洗うことが大切です。

発熱などの症状が治まったからといって油断しないで、衛生管理を徹底していればむやみにエンテロウィルスを恐れる必要はありません。

ただし、感染力の低いまだ小さい兄弟姉妹などがいる場合やイベントなどで大勢が集まる場所に行く予定があるときなどは、感染期間によっては予定を見直したり、感染させないような努力が求められます。感染していることがわかってるのに集まりに参加したのか、と後で問題になるケースも有り、人間関係に影響しかねませんので。。

潜伏期間と感染期間にウィルスを他人に感染させないように気をつけていれば、ヘルパンギーナはむやみに恐れる心配のない病気なので、流行しやすい夏ごろになったら特に子供がいる家庭は注意をしておきましょう。

 

ヘルパンギーナの潜伏期間と感染期間

最後にまとめますと

  • 潜伏期間
    • 2日~4日、長くて1週間
  • 感染期間
    • ピークが2日~4日の数日レベル、これを超えると回復期へ
    • ただし、ウィルスが残存する感染期間は2~3週間

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索