ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

ヘルパンギーナの画像・写真 – 口、のど、口蓋(口の裏)

herpangina ヘルパンギーナ 写真 画像

 

ヘルパンギーナの口内炎症状(口の中にできる水疱)の画像・写真を掲載します。
ヘルパンギーナの水疱は時間の経過とともに割れてしまい、それが炎症を起こして痛みを伴うという進化を遂げていきます。
そうなるまで気づかないという人はなかなか居ないと思うので、喉の口内炎を発見してヘルパンギーナを疑うというケースが多いです。

 

あまり見たくない画像だと思います。。。

心の準備を。。

 

ヘルパンギーナの口内炎画像

herpangina ヘルパンギーナ 写真 画像 image 1

herpangina ヘルパンギーナ 写真 画像 image 2

herpangina ヘルパンギーナ 写真 画像 image 3

herpangina ヘルパンギーナ 写真 画像 image 4

 

のど、口の裏の口蓋部分に出来た炎症についての写真を集めています。

喉の口内炎はヘルペスでも発症します。ヘルペスはヘルパンギーナと同じく発熱を伴うことより、症状が同じの場合は見分けにくいです。
ただ、ヘルペスの場合は喉以外の口の周りにできることが特徴としてあるので、その場合は判別がしやすいです。

症状が重い場合は医師に相談の上、解熱剤をもらう、点滴をするなどの処置が必要になりますので、区別がつかない時も含めて、可能な限り医師に診てもらうことが良いのではないかと思います。
子供の高熱は心配ですしね。

手足口病と見分けにくいという話も聞いたことがあります。
ただ、手足口病は手と足に発疹ができます。ヘルパンギーナはそのような特徴は持っていないと思いますので、手と足の水疱・かゆみなどから手足口病との判別はできると思います。流行する季節は同じ夏なので、子供の異常の時はどちらも疑う必要はありそうです。

 

症状がひどい時の話 >>> ヘルパンギーナ入院のすすめ 溶連菌の違い

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索