ヘルパンギーナに関して、大人の感染、子供の登園・出席、感染経路についての情報、手足口病・ヘルペス・口内炎との違い、感染してしまった時の対応方法についてまとめています。

menu

ヘルパンギーナの症状 | 大人への感染、子供の登園・出席、感染経路

ヘルパンギーナの口内炎 ヘルペスとの違い – 喉の口内炎と発熱は同じ

ヘルパンギーナ のど 口内炎 ヘルペス

これまでも説明してる通り、ヘルパンギーナという病気は、腸管ウィルスの一種であるコクサッキーウィルス等によって発症する、口の中と喉の炎症が特徴的な病気で、乳幼児(1歳児が多い傾向にある)がかかり易い夏風邪の代表的な病気です。

 

ヘルパンギーナの口内炎

症状としては、ウィルスに感染してから二日から四日の潜伏期間の後に、突然39℃前後の高熱が出て発症します。

高熱は一日から二日で治まりますが、喉が真っ赤になって、喉の奥の粘膜に小さな水疱が出来ます。

これは、口内炎の症状です。

この口内炎が大変にしみるので、飲んだり食べたりすることが十分にできなくなってしまいます。

コクサッキーウィルスにはいくつも種類があるために、ひと夏の間に何度もかかることがあります。。。災難です。。

 

ヘルパンギーナの口内炎(水疱)はのどちんこの周りにできるのも特徴です。プツプツとできます。

そしてそのうち破れるのですが、そうするとさらに痛みが増してしまいます。

ヘルペスは対応する薬があるのですがヘルパンギーナの口内炎にはありませんので、普通の消炎や鎮痛剤に頼るしかありません。治すわけではなく、痛みを和らげるためです。

 

ヘルペスもヘルパンギーナも喉に口内炎・水疱ができ、高熱が出るので症状だけだと違いが難しいです。ヘルペスに季節性はないので、季節や環境(子供が幼稚園や保育園に通っている)で推測することはできるかもしれません。同時に発生するレアケースもあります。。

 

ヘルパンギーナ 口内炎以外の症状

ヘルパンギーナの症状はそれだけではありません。乳児の場合ですと、哺乳する力が低下してしまったり、嘔吐する場合もあります。幼児の場合には、頭痛や背中の筋肉痛を伴います。

更に、喉の痛みによって水分を飲み込むことが困難になるために、脱水症状を起こすこともあります。

また、合併症として、発熱初期に熱性のけいれんを伴うこともありますし、ごくまれに髄膜炎を合併することもありますので、ヘルパンギーナと診断されて五日以上高熱が続く場合や、けいれんの症状がある場合には、すぐに小児科を受診する必要があります。

 

このヘルパンギーナという病気には、原因ウィルスに対する特効薬はまだなく、予防ワクチンもないために、対症療法が中心の治療法がとられます。

特に高熱の際には脱水症状になりやすいので、水分はなめさせる様にしてでも少しずつ取らせる必要があります。

熱が高い場合には解熱剤も使います。

また、喉や口が痛いので、食事を食べさせる際には、固いものや熱いもの、辛いものや酸っぱいものを避けて、口当たりやのど越しの良いものを食べさせて、水分や栄養を補給させる必要があります。

ヘルパンギーナはウィルスによる感染症ですので、せきやくしゃみで飛び散ったウィルスを吸い込むことにより感染します。

そのため、熱やのどの痛みがある間は当然家の中で安静にしておかなければなりませんし、症状が治まっても条件によっては幼稚園や学校を休まなければならないこともあります。

 

症状を緩和してあげるには >>> ヘルパンギーナの薬(喉の痛み)対策

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内の検索